オンライン・コンシェルジェ

~キーワードベースのチャットボット~

チャットボットとは

ユーザーの質問に対して、自動で適切に回答する自動会話プログラムのことです。問い合わせに対するチャット対応の自動化により問い合わせ対応業務の削減やUX(顧客体験)の向上が見込まれます。

問い合わせ対応比較

対応手法 属人性 即時性
オペレーター対応(電話) ×
オペレーター対応(チャット) ×
問い合わせメール × ×
FAQ
チャットボット

問い合わせ対応の方法は、業務やサービスによって検討されなければなりません。
オペレーターでの対応はBtoCでは一般的な方法で、機会損失の防止や満足度の向上に寄与する一方で、労働集約的でコストが高くなりがちであったり、ピーク時の接続待ちや営業時間外に対応できないなどユーザーに優しくない面もあります。スマートフォンの普及や技術の進歩によって電話での対応からチャットへの移行も進んできています。
問い合わせメールでの対応はBtoBで一般的な方法で、即時性に欠けるものの常時人員配置する必要がなく、お互いに時間に制約されずコミュニケーションをとることができるメリットがあります。
FAQは他の問い合わせ手法の補完的な役割です。よく問われる内容をあらかじめまとめておくことで、ユーザー自身で疑問の解決を図ることができ、サービス提供側も労力を削減することができます。
チャットボットはチャットでのオペレーター対応を基礎としたFAQの進化系といえます。

オンライン・コンシェルジェの特徴

~キーワードベースのチャットボット~

まずは以下に示すチャットボットの主な方式をご覧ください。

  • AI・機械学習

    メリット

    他と比べ最も適切な回答ができ、その精度は自動で向上する

    デメリット

    構築や維持が高額で、学習用のデータが必要

  • ルールベース

    メリット

    選択肢を事前設定することでロジカルに回答に導かせることが可能

    デメリット

    設定作業の負荷が大きく、自然言語対応もできない

  • キーワードベース

    メリット

    キーワードと回答データを用意するのみのため、短期間導入が可能

    デメリット

    キーワード以外の要素での機能の拡充は困難

オンライン・コンシェルジェはキーワードベースのチャットボットです。したがって他の2方式と比べ、安価で扱いやすい特徴があり、様々な用途にご利用いただけます。ホームページ問い合わせ、ネットショップ、ホテル、観光協会、空港、社内の事務手続きの問い合わせなどにも活用可能です。

~最短2日導入~

オンライン・コンシェルジェは導入が簡単で、回答データの変更が容易なチャットボットです。設定回答数など状況にもよりますが、最短2日で導入可能です。

~モジュール管理~

お問い合わせ内容が多岐にわたり、用意すべき回答が多くなっても安心です。回答データ群別にわけて管理できるため、シンプルでわかりやすい構造でチャットボット管理が可能です。

お問い合わせ

まずは、お気軽にお問い合わせください。

お預かりした個人情報は、お問い合わせへのご回答、情報提供のために使用させていただきます。
個人情報の取り扱いについては個人情報保護に関する基本方針をご参照ください。